スポンサーサイト

Posted by クランコ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

Posted by クランコ on 27.2011 未分類 0 comments 0 trackback
両親のいない5歳の誕生日 「ママどこ、たみちい」

 


「見て、見て。きれいでしょう」

 昆愛海(こん・まなみ)ちゃん(5)は町の児童館から帰るとさっそく、塗り絵を開いて祖母の幸子さん(63)に話しかける。

 津波で流された保育園に代わり園児らは送迎バスで児童館に通う。愛海ちゃんが帰るのは幸子さんと2人で暮らす新しい自宅だ。

 「ずいぶん元気になったんですよ。地震の後、民家の倉庫で避難生活をしていたころは、私にまとわりつくばかりで、誰とも口をきこうとしませんでした」と幸子さんは振り返る。

 岩手県宮古市の重茂(おもえ)半島にある小高い丘に自宅はあった。大きな揺れの後、母の由香さん(32)は保育園に愛海ちゃんを迎えに行き、連れて帰ってきた。

 自宅の隣は避難場所に指定されていた小学校。そこを30メートルもの津波がのみこんだ。

 由香さんと漁師の父、文昭さん(38)、妹の蒼葉(あおば)ちゃん(2)の4人で自宅の庭にいたのが目撃されている。

 「立って(波を)見てた。パパとママ、アオ(蒼葉ちゃん)が流されたの」。愛海ちゃんはクレヨンを握ったまま早口でしゃべりだした。文昭さんら3人は波にのまれたが、愛海ちゃんは漁の刺し網に引っかかって流されずにすんだ。

 「『ママ、助けて!』って叫んでたの。ママ、どこ行っちゃったんだろう」

 知人女性が第2波が来る前に愛海ちゃんの手を引き、高台まで走った。「走ったときに転んだりしたの」。ずぶぬれで助けられた愛海ちゃんはずっと震えていたという。

 愛海ちゃんが甘えた口調でぽつりとつぶやいた。

 「たみちい(寂しい)」

 文昭さんら3人は行方不明のままだ。

 幸子さんらはいったん親戚方に身を寄せた後、自宅から遠くない親戚所有の空き家に越してきた。

 「両親が死んだという実感がなく、まだ帰ってくると思っているようです」と幸子さんは目を潤ませる。「何かあると、『パパが帰ってきたら教えてあげるんだ』と言うんです」

 あの日から2カ月近くたった5月10日、愛海ちゃんは両親がいない5歳の誕生日を迎えた。

 幸子さんは「以前は『パパやママと一緒じゃないと保育園に行かない』とぐずっていたが、何も言わず行くようになった」と変化を感じている。

 津波で流された自宅2階跡から両親の携帯電話が見つかり、今は幸子さんが使っている。電話が鳴るごとに愛海ちゃんは両親からの電話を待っているのか、「誰? 誰?」としつこく聞いてくるという。

 黙々とひらがなやカタカナをノートに書いて練習していた愛海ちゃんが恥ずかしそうにノートを持ち上げ、ママに書いたという手紙を読み上げた。

 《ままへ。いきてるといいね おげんきですか》





 東日本大震災の震災孤児は判明しただけでも阪神大震災の68人の約3倍。就学前の幼児も少なくない。震災孤児たちをどう支援し、見守っていくか。厳しい現実が突きつけられている。
スポンサーサイト

3.11 Ⅲ

Posted by クランコ on 17.2011 未分類 0 comments 0 trackback
読売新聞 3月17日(木)3時13分配信

東日本巨大地震で、多数の被災者が避難所でギリギリの窮乏生活を強いられる中、全国から寄せられる支援物資がなぜ彼らの手元に届かないのか、という疑問が広がっている。

 現場を調べてみると、燃料不足を始め、道路や港湾の破壊、ドライバー確保の難しさなどが背景にあり、事態を改善するには国や自治体の強力なリーダーシップが求められそうだ。

 約4万人が避難生活を強いられている仙台市には、全国から続々と支援物資が届けられている。が、輸送車両の燃料不足のため、避難所まですぐに届かないのが現状だ。

 宮城県消防学校(仙台市宮城野区)の屋内訓練場内には、同市が要請して全国から次々と届けられるコメや飲料水、マスク、おむつなどの支援物資が入った段ボールが積み上げられ、訓練場の外にまであふれだす状態。大量の支援物資は同市内232か所(16日午前10時現在)の避難所や石巻市などの避難所に届けられることになっており、その振り分け作業を自衛隊員や市職員ら約100人が24時間態勢で続ける。

 しかし、各避難所に支援物資を運ぶ大型トラックの燃料軽油が大幅に不足しており、輸送会社はその調達に頭を悩ませる。震災後、ガソリン、軽油が「売り切れ」となるガソリンスタンドが続出。給油量限定でわずかな販売を続け、一般車両が長蛇の列を作るスタンドでは、自衛隊など緊急車両の誘導を待って給油を受けなければならない状態だ。

 このため、同消防学校内に置いてあった廃車の消防車両の燃料タンクにわずかに残っていた軽油を抜き取り、輸送トラックに移し替える苦肉の策までとられている。

 15台のトラックを投入し、輸送に当たる東日運送(仙台市)の庄子雄大統括部長は「運転手は運搬物と運送先が決まれば、いつでもどこへでも運ぶ。だが燃料がなく、運びようがない。スタンドに行くのも手間と時間がかかる。できればタンクやドラム缶で軽油をここまで届けてほしい」と悔しさをにじませた。




緊急車両のみ給油可能とゆースタンドでも、各避難所に支援物資を運ぶ大型トラックなら

給油可能にしなければこの事態は回避出来ないと思う 至急各自治体の判断で改善を求む

もしくは自衛隊のトラックでも善意の救援物資を輸送出来るよう対策を講じるべき

政治主導では現場は間に合わない 慣例にとらわれず臨機応変な対応が必要だろう

前例が無い大災害なのだからマニュアルに縛られない迅速な判断をしていただきたい



被災した地区のガソリンスタンドの地下には貯蔵タンクがあるはず それを利用して

地元の避難所で活用してみては如何かと 爆発の危険性があるため、元売本社に連絡して

安全かつ便利な汲み上げ方法を自治体に情報提供すればいい

流されてきて乗れなくなった車等のタンクからも抽出して燃料にあてるべきだろう

この非常時 使える可能性のあるものは使用すべき

現場は全てに於いて枯渇し飢餓状態なのだから
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。