スポンサーサイト

Posted by クランコ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11 Ⅴ

Posted by クランコ on 23.2011 日常 3 comments 0 trackback
東日本大震災で1000人を超える死者・行方不明者を出した岩手県大槌町で、
大槌町消防団第2分団(越田弘分団長、28人)の団員たちは、防潮堤の門扉を閉じ、
住民を避難させようと最後まで海辺にとどまった。任務を果たした結果、
4人が死亡し、7人が行方不明。その中の一人、越田冨士夫さん(57)は団の象徴
である「半鐘」を鳴らし続け、津波にのみ込まれた。

 海岸に近い大槌町の安渡・赤浜地区。第2分団は地震が起きると真っ先に門扉を
閉じる決まりになっていた。11日も団員たちは一斉に防潮堤へ向かった。

 「おみゃーは屯所でサイレン鳴らせ」。14カ所ある門扉の1カ所を閉め終わった
ところで、団員の飛内邦男さん(55)は越田さんからそう指示された。

 津波が迫っていた。住民を円滑に避難誘導するには、全域に危険を周知する必要が
ある。飛内さんはサイレンを鳴らすため近くの分団屯所へ車で向かった。

 スイッチは1階。ボタンを押した。鳴らない。地震で町全域が停電し装置が作動し
なかった。

 間もなくして越田さんが屯所にやってきた。状況を報告すると越田さんは「よし」と
一声。屯所の屋上に上がり叫んだ。「早ぐ行げ。みんなを避難させろ」。その時、飛内
さんは、越田さんが普段は火の見やぐらから外してある半鐘を手にしているのを見た。

これが最後の姿だった。

 「カン、カン、カン」。大災害時にだけ使用が許可されている特別な鐘。
その乾いた音は遠くまで響いた。当時、数百メートル離れた高台に避難していた
元分団長、東梅武保さん(72)は「海の様子が見えていたんではないか。何とも寂しい
音だった。今も耳から離れね」。

 第1波が到達したのは午後3時20分ごろ。高さ約5メートルの堤防を軽々と乗り越え
た黒い波は、渦をまきながら集落をのみ込んだ。同じころ、屯所の近くでは団員10人前
後が高齢者の避難を手伝っていた。住民や団員に警報を出し続けた半鐘の音は、津波が
屯所に達するまで鳴っていた。

 津波が引くと、屯所は建物の基礎部分だけを残し消えていた。変形した屯所のやぐらが、
がれきの中から見つかったのは10日後のことだ。

 越田さんと半鐘の行方は、今も分かっていない。





東京から離れず 被災地の現場のことを事務処理でも行うよーな扱いの政治

救済する気があるなら対策本部は被災地に建設しろよ
現場の悲惨さや不便さが肌で感じられるだろーから でも

必ず被災地は復興を遂げる 
命をかけて守った故郷なんだから


だがこの国の無能な政治家に この国が救えるのだろうか
スポンサーサイト

▶ Comment

日本人には意思がない。
だから、意思の内容を表明できない。
意思の内容によって個人を選ぶことができない。
だから、個人を選出しても、それが意思決定につながることはない。
個人を選ぶことが、個人の意思を選ぶことだとは夢にも考えていない。

首長選びの段階で、集団の意思決定はすでに終わっているとの考えがない。
首長を選んだ後で、また個人・個人があれこれと首長とは違った内容の言い合いをする。
意思決定を行うことを周囲から容認されない首長は、問題の先送りと積み残しをして時間を稼ぐ。

カレル・ヴァン・ウォルフレン (Karel van Wolferen) は、<日本・権力構造> (The Enigma of Japanese Power) の<世界にあって世界に属さず>の中で日本の交渉能力について下記の段落のように述べています。

アメリカ政府はとくに、中曽根を含む日本の歴代首相との交渉を通し、日本の場合には、政府の公式首長であれ他の誰であれ、実効性のある交渉は不可能だと気づかされた。他の多くの国も今世紀を通して分かったのは、日本の交渉者とは実質的な交渉はできないということだった。日本の交渉者が交渉不能なのは、交渉者のどんな言葉に対しても本国で反対される可能性がつねに存在するためだ。この難しさが、日本に対する戦前の欧米諸国の態度を大方決めたのだった。ある日本外交史の専門家が要約するように・・・・・
戦前の日本ほど、国際的信頼を得たいという強迫観念にかられながら、世界中から信頼されなかった国はない。交渉の失敗を考えることすらこわがっていたにもかかわらず、日本の指導者も交渉者も交渉は最小限にとどめたし、考えもこり固まっていたので、非難されることは必然的だった。・・・・・交渉という交渉で、指導者も外交官もあやまちをくり返すまいと意識して努力したにもかかわらず、結果は何度も何度も同じ落とし穴に落ち込んでしまうのだった。(引用終り)

人・人により主張は違う。個人が定まっていなければ、決定された話の筋も通らないのだが、その点の整合性のなさは誰もが心配していない。
これは、大きな鍋に大勢の調理人がそれぞれに調味料を投げ込んでいる状態で、出来上がった料理の味に責任を持てる者はいない。
だが、この成り行きは当然のことで、日本人にはどうしようもないことだと受け取られている。
これは、律儀な日本人のだらしなさである。

意思 (will) は未来時制の内容である。
日本語には時制 (tense) がないので、未来時制もない。
それで、日本人には意思がない。

だが、日本人には恣意 (self-will) がある。
これは、言語の不自由な子供やアニマルと同じ状態である。
恣意は、私意・わがまま・身がってとも言われている。
昨今問題を起こした鳩山首相の'トラスト・ミー' (Trust me.) は英語で考えれば約束の履行を宣言したことになるが、日本語で考えれば「俺に任せろ」で、恣意の自由を宣言したことに他ならない。
こうした深刻な行き違いが起こるから、外交官は英語のできる人でなければならない。
日本語ではこうなるのだからと通訳のような考え方をしていたのでは国際社会で路頭に迷うばかりである。

日本人は元来多神教で、その神様たちは出雲に出向いて談合している。
だが、彼らも自己の意思を示すことはない。
唯一の神を選び、その意思の内容を尊重する一神教徒のまねごとも、昔ながらの日本人には難しいのかもしれない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812  

2011.03.23 17:53 | URL | noga #sqx2p0JE [edit]
↑(´゚ω゚):;*.':;ブッ(´゚ω゚):;*.':;ブッ(´゚ω゚):;*.':;ブッ

天皇陛下が居られる!!!

長文のうえ、内容が薄いですね( ̄ー ̄)ニヤリ
2011.03.23 19:40 | URL | じゅん♪ #- [edit]
nogaさんへ
もともとレールをはみ出す輩は異端視される国
国民皆懐柔の政治政策の下それが普通だと意識を植え付けられてます
人があって法があるのではなく 法があって人がいる
だから無知で無能な政治家が蔓延るのだと思います


じゅん♪さんへ
最近ラーメンの記事が無く申し訳ありません
なんせこのガソリン不足なので・・・
来週にはアップしたいと思います
2011.03.24 08:40 | URL | クランコ #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://condole01.blog67.fc2.com/tb.php/250-0eb07b1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。