スポンサーサイト

Posted by クランコ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼

Posted by クランコ on 10.2015 日常 0 comments 0 trackback
 かなり久々の更新です。ですが、皆さんのご期待に応えられる記事では無く申し訳ありません。
俺の師匠とも言うべき人が急逝なされ、友人であった親父と同じ8月9日に葬儀が行われました。
親父の命日の次の日に亡くなったので、何かの縁があったのでしょうか。

家の跡を継ぐものだと思っていた18の夏 たまたま家に遊びに来た師匠が親父に
 せっかく柔道もそれなりに強いし、頭も悪い方ではないので柔道整復師の道に進んでみては・・・
と 頑固な俺の親父を諭して この道に勧めてくれました。
学校の手配 保証人 研修先 卒業後の就職まで一手に引受けていただきました。
 卒業後は一年で一丁前にしてやるから、学生の時はここで働け と仙台の学生時代、別の研修先の世話もして頂きました。
幸い良い先輩に恵まれ、厳しい研修も何とか修了し、試験にも合格出来ました。
 学校卒業後、師匠の所ではそれなりに仕事はこなせる・・・かと思いましたが、厳しく忙しい毎日に追われました。
晩酌して酔うと 俺は弟子は採らないけど 柴田の息子だから仕方ねぇな。お前がいるとかえって忙しくなる。
と不出来な俺を肴に飲んでました。

一年が経ち、もう開業出来るんなが と言われた時は まだまだなのにと不安はいっぱいでしたが
何かあったらいつでも電話して来い。お前のとこまで行ってやるから と言われ心強く思いました。
以来 越えられない壁として目標にしておりましたが、とうとう越えられず 何も恩返し出来ないまま亡くなってしまいました。
まだまだ未熟で色々御指導頂きたかったので残念でなりません。
そして俺の親父より、長きに亘って可愛がって頂いた事が忘れられません。
今まで本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://condole01.blog67.fc2.com/tb.php/317-5eef9cc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。